自分の限界


故郷の友人へ


こんな記事読んだら、傷つく人もいるであろうと分かっていながら、
書かずにいられませんでしたm(_ _)m
実際には、同じ内容を優しい言い方で伝えている私...。
でもそんなやんわりした言い方じゃ、私の本気度は伝わらないんですよね。


今振り返って、やっと分かった。
私を叱ってくれた人たちが、どんなに私のためを思ってくれていたかが...。
そして、その時は分からなかったけど、
叱ってくれた人の言ったことは、ほぼ例外なく正しいものでした。


友人に対して、嫌われる覚悟で厳しく接することができない私こそ、
自分を守っているのだということ...。


いくら「あなたも私も同じよ」と言ったところで、
相手がそう思っていない限り、私の意見は「強者の論理」となってしまうこと...。



などなどを思い、憂鬱になっていました。



まだまだ私には、人に助言なんてできないのだと、思い知りました。
助言しているつもりだけど、単なる依存。自己満足だと分かりました。
結局は、今の相手をそのまま認めてあげることができない心の狭さから
苛立ちを募らせ、その苛立ちを直に表現することもできないで、こんなとこに吐き出している。
友人と同じ目線で話ができない寂しさに、無理やり自分側へ引き寄せようとしている。



まだまだ器が小さい私。
器が小さいのなら小さいなりに、自分の限界を見極めて、
不用意に自分の心を消耗させないようにしなくては。
いつも、気がついたときにはもう遅いから...。



あまり意識はしていませんでしたが、
このごろの記事は「人に助言すること」にまつわるものが多かったですね...。


私の中には 不倫している人や 不倫された人に対し、
力になってあげたいという思いが膨らんでいたようです。


けれど、そう思えば思うほど、
不倫した人だけでなく、された人に対してさえ、
やりばのない、もどかしい思いにとらわれることが増えました。
(ここでつきあいのあるブロガーさんのことではありません。)


そんなこんなでまた胃が痛くなったり、頭痛に悩まされたりして、
やっと自分の限界に気づくことができました。


私にとって、自分の身を削って本気の忠告ができる相手は限られている。
それはつきあいの長さじゃなくて、深さによって決まるのだと気がつきました。



求めてくれる人には応えたい。
けれど、求めてもいない人に与えなくてもいいのだな。
そう思いました。


求めてもいない相手に与えようとすることは、
今の私には、葛藤を生むことになり、とても疲れます。
パーンと言い放てたらいいけれど、
相手の態度に、どんな言葉も受け止めるという覚悟が感じられない場合は、
どうしても相手の心の強さを信用できない。


言わないかわりに、相手との心の距離はどんどん広がってしまうけれど
それはいつか縮まるかも知れないし、
縮まらなくても仕方のないこと。



私は自分を大事にしていきます。


私は 私のエネルギーを、私のために使いたい。
[PR]
by marca-mia | 2005-10-24 21:25 | 思うこと・自分


<< 情熱の正しい使い方 故郷の友人へ >>