神様、忘れ方を教えてください。(1)


夫との対話は 私からの働きかけで 何度となくトライしてきましたが
夫は私の思いを聴きたいわけではなく、また 無理に聞いていても
やさしく広い心持ちにはなりづらいようです。


私の話を、夫が嫌悪感なしで静かに聞いてくれたと思えたのは この二年半で数回ありますが、
振り返ってみると そういうときはハッキリとした傾向がありました。







それは、私が“悪いのは自分だ”と言う話し方をしたときだったのです。

夫が受け入れやすいようにと 半分意識的に身につけていた態度なのですが
私の感情の責任は私にあって、夫のせいでは無いんだということを分かってもらうために
「私の心が狭いから...」「私がバカだから...」などの言葉をつけて
意識を“自分”に向けながら話をしていると 夫は、じっと私を見つめながら聞いてくれました。
夫は私に責められることを極度に恐れていましたから
“自分に刃が向けられることはない”と安心できるのは
私が自分を責めるような話し方をしたときだけだったのでしょうね´ー`


以前夫に「君は俺より偉くなっちゃった...。」と何度か言われたことがあります。
夫にとっては、自分が優位にある状態こそを求めていたのかも知れません。
私は「偉い」という言葉を使う夫にちょっと違和感を覚えています。
私も夫も 楽になれたらいいなぁと思いますが、
どっちが偉いとか偉くないとかは正直どうでもよいし
二人で楽しく、親密でいられたらそれでいいと思うので...。


でも、夫が繰り返し繰り返し「君は俺を見下している」と言うからには
夫がそう感じているだけでなく
私の中にそんな部分が少しはあるのでしょうね。


私に対して素直に弱い部分を見せられないのも、
私が、心の扉を開く鍵となる“安心感”を 与えきれていないのだなと思います。


夫も私と同じで 弱い部分をさらけ出して否定されたら
立ち直れないくらい傷ついてしまう......そのことがとっても恐いのでしょうね。


夫に安心して心を開いてもらうには、
もっと長い時間と、私の受容的な態度の積み重ねが必要なのかなと思います。


今の、不安な気持ちのままの夫が 私を受け容れるには
人を受け容れるだけの余裕を まず私が持ち
次にそれを 夫に与えてあげる必要があるんだろうなと思います。


私は、余裕がないままに夫に与えてはいけないと思います。
見返りを求めている態度のままでは、自分自身 どこかで負担になるでしょうし
同じことの繰り返しになってしまうと思います。


二人ともいっぱいいっぱいだから
どちらかがどちらかに与えるというのは、今のままでは無理がある。


私がまず、今までと違う視点を持てるようになって
夫からもらわなくとも「夫に与えられる自分」に変わっていけばいいんですよね。
それは、今までは不可能のように思っていたけれど
最近は「そんな方法も、自分次第で見つけられるかも......。」くらいに
思えるようになってきています。(調子のよい時だけですけどね)



そこまでして夫と一緒に居る意味があるのか。
それは、自分を曲げることにならないか。
夫に迎合することにならないか。
夫を甘やかすことにならないか。
自分を大切にするという原則から遠ざからないか。


あれこれ あれこれ 考えましたが
だんだんと 自分の中で
「そんな自分になれたら 楽だし 幸せだな。」
...と、そんな思いが 膨らんできました。


やっぱり、いつまでも苦しいのは嫌なので
半分逃避なのかも知れませんが、将来的に楽になれるなら
茨の道に思えても 通りたくなるのです。


これは、安易に希望を設定して苦しみを脱したいという
誘惑に負けているだけなのでしょうかね...。
踏ん張る気力がもう無いものだから 別ルートでいいや という妥協なんでしょうかね...。


もうそんな判断力さえ無くなってしまっていますが。


自分はマゾだと思ってますが、特段修行好きというわけでもないので...^^;
できるなら、近道を探したいと思っています。
あ、でもこういうことは 近道しないほうが確実なのかも知れませんけど...。
それでも、今回ばかりは 不要な遠回りはしたくないです。


自分が脱皮できるのか、できないのかは未知数ですし
トライしてみた上で「無理だったなぁ~」という結果になるかも知れません。
そのときは、潔く、悔いを残さずに 夫と別れられるような気もします。


心の隅っこでは、
もしかしたら、ここで別れても同じことかもなぁ......と思います。


夫と一緒にいると 甘えてしまって脱皮しにくい面もあるだろうけど
逆に、ごくたまに(笑)夫に余裕があれば 助けてもらえることもあるかも知れません。


夫と離れて一人になれば、向き合う相手は自分しかいないから
必死に階段を這い上がるしかない。
早く自分の足で立つには そのほうが良いのかも知れません。


ただ...最近になって、
今まで深いところに隠れていた、夫への執着心や依存心が浮かび上がってきて、
一緒にいたいという思いも それら(執着&依存)によるものではないか...と疑っていますが、
もしも、ここを抜けられたら 執着や依存でない素敵な関係が
まず私のほうから変化することで 結べるのではないか?
そんな欲が頭をもたげてきてしまって......^^;

↑これこそが、今までさんざんやってきた「見返りを求める態度」なのに
全然懲りてませんね^^;
あまりスケベ心を出さないように、マイペースをこころがけたいと思います。
(スケベ心があると、無理してしまう傾向がありますからね...。)



ふぅー。とりとめなくなってしまいました。



またつづきを書きます。
(なんだか最近いくらでも書けます。病気ですかね...。)
[PR]
by marca-mia | 2007-02-27 12:31 | 思うこと・自分


<< 神様、忘れ方を教えてください。(2) 受けとる >>