少し前の記事で


>今まで深いところに隠れていた、夫への執着心や依存心が浮かび上がってきて...


と書きました。


今まで、自分が感じているものが自分の中心だと思っていたのに、
もう充分掘り進めたと思っていたのに、
心というのはまだまだ深さがあるんだなぁ。
まだまだ 深層から浮かび上がってくるものがあるんだなぁ...と
不思議な感慨を覚えています。


振り返ると、
「今までほんとうの自分だと思っていた自分」を超える度に、
自分が好きになって、ひとつ楽になって...
私がこうして成長してこれたのも、夫がいたからなんだなって思います。



だんだんと「このまま夫と一緒にいたいかもなぁ。」と思い始めています。



夫と過ごしてきたから、今の自分があって
これからも 葛藤に苦しむことはあるのかも知れないけど
でも、そんな葛藤をくれたのは夫で、私を 押し上げてくれたのは夫で...。
これからの未来もひっくるめて、夫との関係に感謝できるような気がするんです。


もちろん、苦しいときはジタバタするし、
夫のせいにしたり 八つ当たりしたり、泣いて困らせたりして
これからも ことあるごとに、めんどくさい妻であり続けるんだろうなと思う。


でもそんな私を、自分もいっぱいいっぱいなのに
なんとか抱えようとしてくれる夫がいる。


だから私は 夫のせいにしたり 八つ当たりしたり
泣いて困らせたりするところを通って、いつしかまた“自分”に返っていく。 


夫が“思い通りにならない夫”でいてくれることが
私に、良い意味の「諦め」をくれるような気がします。


夫がいなかったらどうなんだろ。


いないからって、何かが変わるってわけでもないような気がする。


結局、自分が自分を追い越していくために
別の 葛藤を生む出来事や、人物が現れるんじゃないだろうか。


夫がいなくて、自分らしくあれるなら、それもきっと楽しいけれど
夫がいて、夫の協力ぬきで 自分らしくあれるなら すごく楽しい気がする。


その「自分らしさ」というものには終わりがなくて
私はどこまでも 新しい「自分らしさ」を見つけ続けるのかも知れない。


夫が変わってくれなかったショックで、悲しむことしかできなかったけど
そんなことも可能かも知れないな...と今は思えます。



数年後にはまたくじけてる可能性も すごくすごく高いんですけどね...^^;
[PR]
by marca-mia | 2007-02-28 13:17 | 思うこと・夫婦


<< 最近私を助けてくれた2冊 神様、忘れ方を教えてください。(2) >>