<   2007年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

最近私を助けてくれた2冊

e0015235_13533315.jpg
◆愛と怖れ―愛は怖れをサバ折りにする。

ジェラルド・G. ジャンポルスキー (著)  袰岩 ナオミ (翻訳)
ヴォイス出版




1月半ば頃に読みました。
装丁でちょっと損をしている気がするけど、
(まるでミステリー小説のようなデザインなので...^^;)
人間関係で行き詰まったとき、どこに視点を据えれば良いのかを 教えてくれます。
「人生の目的はただひとつ、心のやすらぎを得ることである。」
この言葉に、忘れていた大切なものを思い出させてもらいました。
理想や信念も大事だけど「他人と愛の関係を築く」ために
まず自分ができることは何なのか...を やさしく諭し、導いてくれます。




e0015235_13535667.jpg
◆チャック・スペザーノ博士の
「幸せな子ども時代を取りもどすのに、遅すぎることはない」


チャック・スペザーノ (著)  伊藤 由紀子 (翻訳)
レンシー・スペザーノ (編集)  栗原 弘美 (著)
ヴォイス出版


2月半ばから読み始めて、まだ読んでいる途中です。
ビジョン心理学の本は何冊か読みましたが 私には合っているような気がします。
自分に何が起きているのか、今の自分はどういう状態にあるのかを
確かめる助けになっています。
私が今いる場所は、多くの人が通った道であり
通り過ぎれば、この本にあるように 俯瞰でとらえることもできるのだと知って
少し安心できました。


ビジョン心理学になじみの無い人には、とっつきにくいかも知れません。
特定の宗教とは関係ないのですが、「神」という語が使われているので
そうした存在の解釈も含め、受けつけない人もいると思います。


私には、ヒットでした^^
[PR]
by marca-mia | 2007-02-28 13:54 | 思うこと・自分


少し前の記事で


>今まで深いところに隠れていた、夫への執着心や依存心が浮かび上がってきて...


と書きました。


今まで、自分が感じているものが自分の中心だと思っていたのに、
もう充分掘り進めたと思っていたのに、
心というのはまだまだ深さがあるんだなぁ。
まだまだ 深層から浮かび上がってくるものがあるんだなぁ...と
不思議な感慨を覚えています。


振り返ると、
「今までほんとうの自分だと思っていた自分」を超える度に、
自分が好きになって、ひとつ楽になって...
私がこうして成長してこれたのも、夫がいたからなんだなって思います。



だんだんと「このまま夫と一緒にいたいかもなぁ。」と思い始めています。



夫と過ごしてきたから、今の自分があって
これからも 葛藤に苦しむことはあるのかも知れないけど
でも、そんな葛藤をくれたのは夫で、私を 押し上げてくれたのは夫で...。
これからの未来もひっくるめて、夫との関係に感謝できるような気がするんです。


もちろん、苦しいときはジタバタするし、
夫のせいにしたり 八つ当たりしたり、泣いて困らせたりして
これからも ことあるごとに、めんどくさい妻であり続けるんだろうなと思う。


でもそんな私を、自分もいっぱいいっぱいなのに
なんとか抱えようとしてくれる夫がいる。


だから私は 夫のせいにしたり 八つ当たりしたり
泣いて困らせたりするところを通って、いつしかまた“自分”に返っていく。 


夫が“思い通りにならない夫”でいてくれることが
私に、良い意味の「諦め」をくれるような気がします。


夫がいなかったらどうなんだろ。


いないからって、何かが変わるってわけでもないような気がする。


結局、自分が自分を追い越していくために
別の 葛藤を生む出来事や、人物が現れるんじゃないだろうか。


夫がいなくて、自分らしくあれるなら、それもきっと楽しいけれど
夫がいて、夫の協力ぬきで 自分らしくあれるなら すごく楽しい気がする。


その「自分らしさ」というものには終わりがなくて
私はどこまでも 新しい「自分らしさ」を見つけ続けるのかも知れない。


夫が変わってくれなかったショックで、悲しむことしかできなかったけど
そんなことも可能かも知れないな...と今は思えます。



数年後にはまたくじけてる可能性も すごくすごく高いんですけどね...^^;
[PR]
by marca-mia | 2007-02-28 13:17 | 思うこと・夫婦

神様、忘れ方を教えてください。(2)


夫に対して、自分を卑下してみせることで
夫は何度か 私の話を受容的に聴いてくれました。

そのときの心地良さは、私にとっては麻薬のようなもので
その心地良ささえ補給されれば、いくらでも夫にやさしくできるような気がしました。
それは、夫がたまに素直に話してくれたときも同じです。
親密感こそ 私のエネルギーなんですね。

だからこそ、夫との有意義な対話を求めて色んな試行錯誤をし
努力を重ねてきました。

私が先走りすぎたり、導こうとしすぎたりの面もありましたが、
対話を重ね、自分と夫を観察する中で 夫婦の関係性を確かめてこれたし、
これからの私の人生にとって有用な 多くの気づきを得られました。

一方で、大きなプールに墨が一滴垂らされたほどの
小さな小さな不安を感じたことがありました。

More
[PR]
by marca-mia | 2007-02-28 12:44 | 思うこと・自分

神様、忘れ方を教えてください。(1)


夫との対話は 私からの働きかけで 何度となくトライしてきましたが
夫は私の思いを聴きたいわけではなく、また 無理に聞いていても
やさしく広い心持ちにはなりづらいようです。


私の話を、夫が嫌悪感なしで静かに聞いてくれたと思えたのは この二年半で数回ありますが、
振り返ってみると そういうときはハッキリとした傾向がありました。

More
[PR]
by marca-mia | 2007-02-27 12:31 | 思うこと・自分

受けとる


以前に書いた記事親とか子とか(3)の中で
「愛とは、幸せを配る行為」ではないか...という考えを書きましたが、
実はこれを思いついたとき、
同時に もう一つの答が頭に浮かんでいました。


そのもう一つの答とは、
「愛とは、幸せを受け取る行為」なのではないか...というものです。

More
[PR]
by marca-mia | 2007-02-26 18:34 | 思うこと・自分

古いフラメンコの歌詞から


歌詞カード読みながら聴いてたら、涙が溢れてきました。


*Fandango*


まともじゃないから......。


俺がまともじゃないから
愛してないとお前は触れ回る。

今日お前が俺の傍を通った時、
お前の心が泣くのを感じたよ。

お前を見ることすら苦しいのだ。



CD:Gran Cronica del Cante (スタジオ・カスコーロ制作)
訳:飯野昭夫






夫の思いのようでもあり、
“夫がそう思っていたら...” という、私の思いのようでもあり...。


私が心の叫びを口にできるのは
今はカンテ(フラメンコの唄)を歌っているときだけのような気がします。


そして「それでいいんじゃないかな」と 思えるときもあります。


思えないときも あります。
[PR]
by marca-mia | 2007-02-25 18:50 | 思うこと・自分

皆さんへ

コメントくださった方、見守ってくださる方 ありがとうございます。

個別でお返事しても重なる部分も多く また長くなりそうなので こちらでお返事します。

いつものことですが(笑)やっぱり長いです...!
[PR]
by marca-mia | 2007-02-25 18:11 | 思うこと・自分

被害者=傷ついている人(2)


小学5年生のとき 同級生のS君のお母さんが亡くなった。
私はただ 病気で亡くなったということしか知らず
S君にかける言葉も知らず
S君自身、普段と変わらない様子だった。
変わらず接してもらうことがS君の望みだろうと思っていた。

ある日、クラスメートの誰かの家で集まって遊んでいたときのこと。
(S君のお母さんが亡くなってから、半年程経っていたように思う。)

More
[PR]
by marca-mia | 2007-02-24 11:52 | 思うこと・自分

やりほーさんへ


TrackBackありがとうございます。

私信のようになってしまいますが、やりほーさんの記事に
大きな気づきを頂いたような気がして...
まだ漠然としていますが、今の気分を記しておきたくなりました。


今の私には
「私たち夫婦の間に不倫があった」という悲しみを
いま一度、たっぷりと悲しんでおく時が来たのかも知れないと思います。

つづき...長くなりました。
[PR]
by marca-mia | 2007-02-21 15:42 | 思うこと・夫婦

被害者=傷ついている人(1)


身近な人に傷つけられ、尚且つその相手とともに暮らしていくのは
辛いことですね...。

夫の不倫を知る前の私は、
こんなにも、過去という怪物の脅威を感じたことはありませんでした。

幸いにも、不倫があったことでもたらされたのは
苦しみだけではありませんでしたし
不倫という衝撃的な事件があったお陰で、
たくさんの気づきを得ることができたと思います。

夫のしたことを知ったから、今の私がある。
それだけ見れば、過去に起こったことには意義があったとも言えます。


...それでも
得たものの大きさに感謝しつつも、
それと引き換えでもいいから、何も知らなかったあの頃に戻りたい...。

そんな気持ちが押し寄せてきてしまうことがあります。

More
[PR]
by marca-mia | 2007-02-16 23:27 | 思うこと・夫婦